太陽光発電システムの寿命はどのくらいですか?

太陽光発電モジュールの寿命は約20年前後、パワーコンディショナーの寿命は15年前後と言われています。太陽光発電の歴史がまだ浅いため寿命の定義があいまいな部分がありますが、発電量が低下する目安のため20年たったら全く発電しなくなると言う意味ではありません。 ちなみに京セラ佐倉ソーラーセンターで設置された太陽光発電システムは、1984年から2009年までの25年の間、ほぼ仕様通りの性能のまま、ノーメンテナンスで稼動し続けているそうです。