停電時の自立運転

停電時の自立運転について

停電時の太陽光発電

太陽光発電システムは、昼間太陽さえ出ていれば発電ができますので、もし災害や計画停電などで電気の供給がストップしても、

昼間の時間帯は電力を確保して電気を使うことができ、これを、太陽光発電の自立運転といいます。

ただし、使用できる容量に上限がある事と、天候によって発電量が異なる事、使用できるのはパワーコンディショナーについている緊急用コンセントのみですので、あくまで非常用の電源として考える方がよいと思います。

現在ではほとんどのメーカーでこの自立運転機能が付いており、自立運転モードに切り替えることで、パワーコンディショナーに付いている専用コンセントからAC100Vが使用できます。

※メーカーによってはオプションの場合もあります。

よく誤解されるのが、太陽光発電で電気を作っていれば停電しないと思われがちですが、停電時は一旦パワーコンディショナーに供給される電気も止まってしまい、家庭内のコンセントへの電力供給もストップしてしまいますので、あくまで、手動での切り替えが必要になります。

自立運転で使用できる電力はどのくらい?

発電量は天候や時間帯によって異なりますが、最大1500Whまでの電気を使用する事ができるので、大量に電気を消費するエアコンなどは難しいですが、緊急時の情報源としてテレビやラジオといった電気製品が使える他、水があれば炊飯器でお米を炊いたりすることもできます。

なお、消費電力はお使いの家電製品により異なりますが、だいたいの目安として一般的な消費電力は下記の通りです。

液晶テレビ:150W前後

ノートパソコン:50~150W

冷蔵庫:150~600W

電子レンジ:1300W前後

炊飯器:1300W(炊飯時)

コタツ:600W前後

ハロゲンヒーター:500~1000W

自立運転の仕組み

平常時は、電力会社から送られてくる電気は屋内に設置されている分電版を通り、そこから家中のコンセントに電力を供給しています。

(説明図など詳しくは、太陽光発電の仕組みをご覧下さい)

また、太陽光発電システムで発電された電気は一旦パワーコンディショナーに送られ、そこで直流から交流に変換されて分電版に送られるのですが、停電してしまった場合、分伝版まで電気が通ってきません。

そのため、停電時は自立運転モードに切り替えることで、パワーコンディショナーに付いている専用コンセントにプラスを指すことで

そのときのソーラーパネルの発電量に応じて最大1500Whまでの電気を使用する事ができるようになります。

自立運転モードへの切り替え方

停電時の自立運転機能の使い方は、設置された太陽光発電システムのメーカーによって異なります。緊急時にあわてないためにも、事前に使い方を調べておくことをおすすめ致します。

自立運転モードへの切り替え方についてわかりやすい説明ページがあるメーカーをいくつかピックアップしました。

京セラ株式会社

http://www.kyocera.co.jp/solar/news/jiritu.html

シャープ株式会社

http://www.sharp.co.jp/support/info_powercut.html#n10

三菱電機株式会社

http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/jutaku/jiritsu/index.html

パナソニック電工株式会社

http://sumai.panasonic.jp/teiden/

ソーラーフロンティア株式会社 【型式SPC】 ※PDFファイルです

http://www.solar-frontier.com/jp/information/pdf/20110312spc.pdf