太陽光パネルメーカーの選び方

太陽光発電のパネルメーカーについて

太陽光発電を設置する際に、よくお問合せ頂くのが、いったいどこのメーカーが一番いいの?というご質問ですが、答えは、設置される環境によって異なります。

製品の比較のポイントは、下記の3つです。 1.1kwあたりの価格 2.発電量

3.保証

10年20年と長期間利用するものですから、価格だけではなく保証も大事になってきます。また、発電量も費用の回収期間を想定する上で重要です。

なるべく安い導入費用で、しっかりともとがとれるだけの電気を発電できて、万が一の保証もしっかりしている事が理想ということですね。

まずは、いろいろな業者とお話をして、情報収集したうえで選択しましょう。

国内太陽光パネルメーカー一覧

ソーラーフロンティアソーラーフロンティア グッドデザイン賞を受賞したほどの美しいソーラーパネルと、影にも強い発電能力です。昭和シェル石油のグループ会社です。
京セラ京セラ ハイブリットカー「プリウス」やメガソーラーに採用されるほど信頼性が高いです。日本で初めて住宅用太陽光発電システムを販売したメーカーです。
三菱三菱 多結晶パネルと単結晶パネルの両方持ち合わせています。パワーコンディショナの変換効率(直流から交流への変換)が、全メーカーでトップクラスです。無料保証期間もあります。
サンテックサンテック 中国に本社をおく、太陽電池・太陽光発電の専業メーカーです。2010年度には、ソーラーパネル生産量で世界1位となっています。モジュール出力を25年間保証しています。
カナディアン・ソーラーカナディアン・ソーラー カナダの厳しい積雪にも耐えられるよう、ソーラーパネルの強度を通常より大きく設計し、モジュール出力を25年間保証しています。
東芝東芝 2010年に参入したばかりですが、変換効率はトップクラスです。パネルのデザインがシンプルで、軽量・コンパクトです。
シャープシャープ 累積設置量世界1位。実績・信用度が高く、製品も導入コストが安価のため、費用回収までの期間が短いです。パワーコンディショナを屋外に設置可能です。
パナソニックパナソニック 独自のハイブリッド構造で、業界最高水準の発電量を実現したHIT太陽電池。世界各国の都市や住宅で採用されています。
ホンダソルテックホンダソルテック 自動車メーカーの本田技研工業株式会社の100%子会社として2006年12月に設立された会社です。シリコンを原料とした太陽光パネル製造が主流な中、化合物系と呼ばれる、発電素子の構造から一部分が影におおわれても大きな電圧低下を起こすことなく安定した発電性能を発揮できるパネルが特徴です。

株式会社カネカ(http://www.kaneka.co.jp/

元旦ビューティ工業株式会社(http://www.gantan.co.jp/product/solar/index.html

京セラ株式会社(http://www.kyocera.co.jp/prdct/solar/index.html

三晃金属工業株式会社(http://www.sankometal.co.jp/prod/ecology/index.html

サンテックパワージャパン株式会社(http://www.suntech-power.co.jp/

シャープ株式会社(http://www.sharp.co.jp/sunvista/index.html

ショット日本株式会社(http://www.schott.com/japan/japanese/products/solar/index.html

長州産業株式会社(http://www.choshu.co.jp/

パナソニック電工株式会社(http://sumai.panasonic.jp/solar/

富士電機システムズ株式会社(http://www.fesys.co.jp/sougou/seihin/fwave/index.html

フジプレアム株式会社(http://www.fujipream.co.jp/index.html

株式会社ホンダソルテック(http://www.honda.co.jp/soltec/

三菱電機株式会社(http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/