いい業者の選び方① ~いい業者なんてあるの?~

どの業者が信頼なるのだろう。なにをもって信頼なるのか?
◎答え:わからない。
各業者によってサービスは様々だ、10年保証、雨漏り保証、メンテナンス保証・・・
どれも似たり寄ったり。保証保証というけど・・・
「保証しているけどあんたの会社がつぶれたらどうなるの?」という元銀行員である僕の
忘れかけていた企業の倒産リスクへの警戒に頭がいっぱいになってきた。
一方で基本全部知らない業者(つまり、小規模電気工事会社)だし、もともと銀行員だった僕もさすがに決算書もない業者のHP画面では
その信用状況を推し量ることは容易ではなかった。というより無理だった。
銀行員時代にいくら売上が高くても、資本金が高くても、業歴が長くてもつぶれる会社は
山ほどあった。利益を出していても一社集中型の受注にて操業している企業の場合はその受注企業が不渡りを出せば
連鎖倒産したなんてこともザラで融資の審査については非常に苦労したものだ。
最終的にはある程度合理性・論理性に基づいて審査材料を分解して総合的に判断していく。
そして、万が一の場合極力損害を被らないようにする=金利を上げる・融資金額を減らす・担保や保証人を取るが大原則。
そして最終は「エイ!ヤー!」の世界で融資を実行する。
そう言った意味で銀行の審査レベルで合理的で最終は運に任せる方式で業者を選定してみた。