光助が太陽光発電に興味を持った訳③~実際の見積もり・シミュレーション~

ようやく、シミュレーションが出来たみたいで、白紙に何やらまとめだした。

まず最初に設置費用の説明。
A氏「設置費用はトータルで250万円!です。ただし、からくりがありますので確定ではないです。」
僕「つまり補助金とかがあるってことですよね。」
A氏「それだけではございません、ほかにもありますが、最後に申し上げます。」
そう言い放った得意気な顔にややイライラしたが、やり過ごした。

電気の収支についてざっくり言うと
支出:毎月の電気代は平均10,000円
収入:太陽光発電による売電代平均15,000円
⇒毎月平均して5,000円プラス というわけだ。
つまりシステムを導入すればとにかく毎月5,000円のメリットがでる。

一方、設置費用の支払いは2.5%の14年のローンで、
・毎月返済額17,652円(ボーナス払いなし)
・現状の毎月平均電気量13,000円
→メリット5,000円
「なーんだ14年も回収するのにかかるのかー」って単純に思った。
そんな顔してたら、A氏は
「ではでは、補助金を差し引きして計算してみましょうか。」
とまたまた得意気な顔で話だした。
話が長かったことに加え、補助金差し引き前とは言え、期待していた以上に回収率が見た目悪かったので狼狽というか疲れた。

「実は補助金で約26万円出ますので実質224万円で行けます。そうすれば毎月約18,000円の支払いで回収年数は12年ですよ。」

しかし「でも、10年以上かー、ダメだね」というとA氏は畳み掛けてきた。
「でもお客様、ここだけの話ですが、あの時カインズホームに来ていただいたお客様に限り、太陽光設置したあとのモニターとして家の写真や電気のデータを1年間開示していただいたら20万円程割引させていただき、トータル200万円(補助金控除後)でご提案させていただきます。」
ときた!