光助が太陽光発電を本格導入していくきっかけ② ~アウトランダーPHEVって?

三菱自動車と言えば2002年のリコール隠し以来、信頼のない企業とレッテルを貼られているの周知の通り。
しかし、僕は三菱のパジェロ(アクティブフィールドエディション平成17年式)に過去乗っていた。
ちょうどリコール隠しの問題でほとんど三菱社が売れなかなったタイミングで、非 常に割安の試乗車がカーセンサーで
出ていたので迷わず買ったことがある。しかも買った店が札幌三菱自動車販売で普通10万程度かかる陸送費を無料にさせて
電話で商談成立。450万が310万で購入できた。当然当時の彼女(今の妻)をつれ回した思い出もある。
その時にも「アウトランダー」はあったが、何となくダサかった。

そんな「アウトランダー」が今更?と思いながら聞いていた。
デザイナー「知っていますか、うちのアウトランダーPHEV?リコール隠しなと散々な10年を送って今やっと
立ち直ってアウトランダーPHEVという素晴らしいガソリンで走る電気自動車が販売されているんですよ。」
僕「・・・何すかそれ?つまり 、プリウスみたいなハイブリット車?」
と言った具合で全くの無知であった。

要約すれば、
「基本は電気で走る電気自動車(EV)でエンジンではなくモーターで走る」
「しかし、エンジンも搭載しており、電気がバッテリーになくなればエンジンが発電機代わりになり発電して
その電気を使ってモーターで走る(高速時はエンジンのパワーを直結させて普通の車で走る)」
つまり、ハイブリット自動車と電気自動車を合体させた何とも複雑な車である。

しかし、「これだ!」と思った。
この車でもって自分の目指している太陽光発電との相乗効果を狙える。