見積り3社を厳選 ~T社(その5)

H氏曰く、「変換効率って知っていますか?つまり、パネルで受けた太陽光を直流に変換する(モジュールの変換)と発電した直流電流を交流電流に変換する(パワーコンディショナーの変換)が大切なんです。」

全く知らなかったというか、見たことはあるがたいしたことないと思っていた文言「変換効率」である。つまり、出力レベルは高くても、ちゃんとした電気に変換できる効率性があるかどうかということである。

H氏は言うには、その変換効率はどっちとも対して変わりはないが、高温時(真夏時)の変換効率が高いのは圧倒的にパナソニックのHITらしい。真夏の方が日が照っているし太陽光パネルはよく発電されている気がするが、実は元来太陽光パネルは熱に弱いらしく、真夏は思ったほど変換できないものらしい=変換効率が低下するらしい。

 

なので、結果的にはパナソニックの方も東芝もどっこいどっこいらしい。また保証についても15.20年のモジュール保証は必要なのかという部分についてはパネル自体は30年程度持つのが通説で15.20年の有償保証はあまり意味がないという。実際、H氏もこの10年以上パネルを取り付けてきたが未だに不具合というのは聞いたことがないとのこと。

 

非常にわかりやすい説明で各社を第三者的に見た説明であったことがこの業者に対して好印象であった。

最終、正式見積もりについては後日(といっても3日以内)に郵送するとのこと。実際の現場をみて工事費用が当初よりも若干変わるのと、僕の意向を下に最適なプランを用意するとのことであった。